債務整理の費用を安く抑えられる事務所選び

借金解決の手段として債務整理は一つの方法です。様々な債務整理の種類とその費用についてのまとめました。自分に合った債務整理方法の選び方や事務所の選び方などの情報をお届けします。

債務整理の費用を安く抑えられる事務所選び > 【2016年最新版】債務整理の費用を分割・安く抑える!

借金解決の手段として債務整理は一つの方法です。様々な債務整理の種類とその費用についてのまとめました。自分に合った債務整理方法の選び方や事務所の選び方などの情報をお届けします。

債務整理の選び方と費用

債務整理は借金を整理する方法としてとても有効な方法です。
債務整理というと、少し後ろめたい気持ちになったり、本当に大丈夫なのかと言う心配をしてしまう方もいらっしゃるようです。
しかし、現在の日本では借金などの失敗でも立ち直りのチャンスを与えられる制度が与えられているのです。
債務整理をしたからといって、社会的な立場が危ぶまれるというようなこともありません。

借金を整理して再出発を図ったり、支払い計画や金利の見直しなどをしてその後の生活を立て直すのが債務整理です。


しかし、債務整理と一言で言っても、その方法はいくつかあり、人によってどの債務整理方法が良いのかが違ってきます。

債務整理の種類は、「自己破産」から始まり、「個人再生」、「任意整理」、「過払い金請求」などの方法があります。

自分がどの債務整理方法が良いのかわからない方がほとんどだと思います。
それぞれの方法について、後ほど解説しますが、自分に合った債務整理の方法を簡単に見つけるには、無料のシュミレーターを利用するのが一番てっとり早いです。

コチラのサイトをご覧ください。


⇒ 街角法律相談所無料シュミレーター


コチラのシュミレーターでは、質問に答えていくだけで、自分に合った債務整理の方法を教えてくれ、自分に合った専門家を紹介してくれます。

債務整理の費用や方法などわからないことばかりの方はまずはコチラのシュミレーターを利用してみて下さい。


⇒ 街角法律相談所無料シュミレーター


 

債務整理方法の費用比較

先ほども述べましたが、債務整理の方法はいくつかあります。

どの方法で債務整理をするかによって費用がかな変わってきます。
大した借金がないのに自己破産をしては費用がかかりすぎてしまって、財産を没収になってしまったり、逆に借金が多すぎるのに、然るべき方法をとらないで借金があまり減らなかったりということもあります。


まずは費用をまとめてみました。
 
 
自己破産
着手金 50万円前後
成功報酬 借金の額、事務所による
特徴 借金の支払いが全額免除に!
デメリットは、住宅や車などの財産が
差し押さえで没収されてしまう。

 
個人再生
着手金 60万円前後
成功報酬 借金の額、事務所による
特徴 借金の総額が5分の1に!
金利の支払いも免除になります。
自己破産で住宅などの財産を残したい方は
個人再生を選ぶ方が多いです。
 
任意整理
着手金 事務所によって差がかなりあり
成功報酬 事務所によって差がかなりあり
特徴 金利の支払いが免除になったり、
引き直し計算によって借金を減額。
債務整理の方法の中でも比較的リスクが
少ない方法です。
 
過払い金請求
着手金 0円~3万円(一件あたり)
成功報酬 減額した額の16%~20%
(減額報酬ともいう)
特徴 任意整理の方でも、過払い金が多額の場合、
全額返済で過払い金が手元に残ることも。
借金を全額返済している方は
ほぼノーリスクで取り返すことが可能。

という感じで、各債務整理方法ごとに特徴があります。

自己破産と個人再生は、借金の減額がかなり大きいので費用もそれなりにかかってしまいます。

借金の額が多額だったり、多重債務でどうしようもなかったり、病気やけがで働くことができなくなってしまった方などは自己破産するしかないという状況があります。


全く返済が不可能になってしまった方でなければ、個人再生を選ぶのも良いですね。
車や住宅、生命保険などの財産を残しつつ借金を整理する事が可能です。

裁判になるので、任意整理よりも時間や費用がかかってしまいます。


任意整理は、今、債務整理の方法の中で最も選択する人が多い方法です。
金融機関との交渉で金利の支払いを免除してもらう事ができて、元金のみの支払い、そして、月々の支払い額も自分で支払っていける額で調整します。

デメリットは信用ブラックになってしまうので、その後5年~10年間は新規借入やクレジットカード作成ができなくなります。


そして、過払い金請求。
過払い金請求は借金を完済している人はほぼノーリスクで取り返すことができる、ある意味おいしい方法です。
2010年6月18日のグレーゾーン金利廃止以前から借金をしていた人が対象です。

現在もリボ払いやカードローン、消費者金融などからの借金を継続している方も過払い金を取り戻せる可能性があります。

期限は最後に金融機関と取引をした日から10年間となっています。
期限が来ると過払い金は無効になってしまうので、まだ過払い金請求をしていない人はすぐに過払い金の調査と返還請求をする事を強くオススメします。



無料シュミレーターで過払い金の相談も可能なのでコチラをご利用ください。


⇒ 街角法律相談所無料シュミレーター























 

債務整理費用を安く抑える!

「私自身は返済完了しているから、該当しない。」と思い込んでいる方も、調査してみると思いもかけない過払い金を貰うことができるという可能性も考えられます。
当然のことながら、各書類は予め用意しておく必要があります。司法書士、または弁護士のところに向かう前に、着実に整えていれば、借金相談もスムーズに進行できます。
返済額の削減や返済方法の変更を法律を根拠に実行するという債務整理をした場合、それ自体は信用情報に登録されることになりますので、自動車のローンを組むのが困難になると言われるのです。
中断されることのない請求に苦悶しているという方でも、債務整理に自信を持っている弁護士事務所にお願いすれば、借金解決まで迅速に進めてくれるので、あっという間に借金で苦しんでいる毎日から解かれることと思います。
家族にまで規制が掛かると、大概の人が借り入れが認められない状態になってしまうわけです。それもあって、債務整理を敢行しても、家族がクレジットカードを持つことは可能だとのことです。

 

弁護士のアドバイスに従って、今回行なった借金返済問題の解決方法は任意整理です。よく聞く債務整理だったのですが、これのお蔭で借金問題を乗り越えられたのです。
自分自身の現時点の状況が個人再生が望める状況なのか、違う法的な手段を選んだ方が正解なのかを判定するためには、試算は必須条件です。
借金問題ないしは債務整理などは、周りの人には相談を持ち掛けづらいものだし、元から誰に相談すべきかもわからないというのが正直なところだと思います。そんなケースだとしたら、安心できる弁護士や司法書士に相談してください。
残念ですが、債務整理を終えると、種々のデメリットと向き合うことになりますが、なかんずくきついのは、数年間キャッシングもできないですし、ローンを組むことも許されないことだと言えます。
債務整理を希望しても、任意整理の話し合いの途中で、消費者金融業者が強圧的な態度で接して来たり、免責してもらえるかはっきりしないというなら、弁護士にお願いする方が確実だと思います。

 

お金が要らない借金相談は、ホームページ上の問い合わせコーナーよりできるようにしています。弁護士費用がまかなえるかどうか懸念している人も、とてもお手頃な料金で支援させていただいていますので、心配しないでください。
消費者金融の中には、顧客の増加のために、みんなが知っている業者では債務整理後という要因でお断りされた人でも、積極的に審査をやってみて、結果を再チェックして貸してくれるところもあります。
法律事務所などを利用した過払い金返還請求によって、ここ2~3年でいろいろな業者が大きなダメージを受け、日本の消費者金融会社は確実にその数を減らしています。
信用情報への登録に関して言うと、自己破産または個人再生をしたという時点で登録されるのじゃなく、ローンや借金を予定通りに返済していない時点で、完璧に登録されていると言って間違いありません。
弁護士は借りている金額を判断基準として、自己破産宣告をやるべきかどうか指導してくれるに違いないですが、その金額次第で、その他の手段を指南してくる場合もあると思います。

リンク集